日々是マイルと旨飯

B級グルメ・特典航空券・旅行・仕事など、不定期に発信しています

ユナイテッド航空特典航空券で楽しむANA国内線の旅

ユナイテッドの特典航空券

クレジットカードは法人用と個人用を使い分けています。今年3月までは、法人・個人共にアメックスを利用して、ポイントをブリティッシュエアウェイズのAviosへ交換しておりました。

ところが現在では、法人用はダイナースクラブ・ビジネスカード、個人用はマイレージプラスセゾンカードをメインに使用しています。両方のクレジットカードでユナイテッド航空のマイルを貯めているのです。

少しずつUAマイルが貯まり始めてきましたので、特典航空券を使った夏旅行を検討してみたいと思います。

スポンサーリンク
 

 

法人カードと個人カード

アメックスプラチナ、ダイナースクラブビジネスカード

アメックスでBAマイル(Avios)やUAマイルを貯める場合、還元率は0.8%となります。一方、ダイナースでUAマイルを貯める場合の還元率は1.0%、マイレージプラスセゾンカードにいたっては1.5%となり、猛烈にマイルを貯めることが可能となります。

最強の組み合わせ

法人用はダイナースクラブ・ビジネスカード、個人用はマイレージプラスセゾンカードを使っています。このカードの組み合わせで、いったいどれほどのマイルが貯まるのか。表にしてみました。

Mileageplusセゾンカード

法人・個人カード共に、アメックスを使用した場合との比較です。アメックスではBAのAviosを貯めています。もし、UAマイルを貯める場合でも還元率は同じく0.8%となりますので、貯まるマイル数に変わりはありません。

それにしても、大きな差ですね〜。因みに、マイレージプラスセゾンカードでは年間30,000マイルまで還元率1.5%が適用されます。使用金額にして200万円。

30,000マイルを超える場合、ゴールドカードに切り替えれば75,000マイルまで還元率1.5%が適用されることになります。使用金額にして500万円。プラチナカードの場合は、年間獲得マイルに上限がありません。

BA、UA特典航空券の違い

BA→JAL国内線、UA→ANA国内線のそれぞれの特徴・長所を理解して、使い分けたいと思います。

BA→JAL国内線の特徴

これまで何度も利用させていただきました。アメックスポイントをAviosに換えて、JAL国内線チケットを発券。とても使い勝手が良いです。

特徴として、650マイル以内の短距離線が片道僅か4,500Aviosで行けてしまう。羽田空港発着JAL便の場合、北は札幌、南は鹿児島までの範囲が対象です。

伊丹空港発着なら、函館から奄美大島までの範囲となります。また、当日発券できるということも大きなメリットですね。

UA→ANA国内線の特徴

こちらは、出発地から目的地までの距離が800マイル以内なら5,000マイルで発券できます。羽田空港発着ANA便の場合、稚内・奄美大島も範囲内となる。

伊丹空港からは新千歳・那覇も800マイル以内に収まります。伊丹空港利用の方には、範囲が大幅に広がりますね。

さて、800マイルというのは「出発地から目的地までの距離」を対象にしているのが面白い。例えば、成田〜那覇は800マイルを超えていますが、成田→福岡→那覇→鹿児島というルートなら5,000マイルで行けるのです。

出発地「成田」と最終目的地「鹿児島」の距離が800マイル以内だからです。BA→JAL国内線では乗り継ぎができませんが、UA→ANA国内線の場合は片道につき2回まで乗り継ぎが可能ということも手伝って、このような不思議なルートができるようです。

スポンサーリンク
 

 

UAマイルでANA国内旅行

UA特典航空券で夏休みの家族旅行。大好きな函館行きで検索してみます。

伊丹空港〜函館

伊丹〜函館

8/25(金)伊丹空港発〜函館空港着便、家族4人で検索します。15:35伊丹発〜17:20札幌着〜翌日10:45札幌発〜11:20函館着。札幌で一泊できるのが魅力的。これで@5,000マイルです。

伊丹〜函館2

こちらは、07:05伊丹発〜08:15羽田着〜17:30羽田発〜18:50函館着。東京で9時間乗り継ぎ時間があります。充分遊べますね。

関空〜函館;乗り継ぎ2回

関空〜函館

同じ日の関空〜函館を見てみましょう。07:00関空発〜08:10羽田着〜16:00羽田発〜17:30札幌着〜翌日10:45札幌発〜11:20函館着。

伊丹発にはなかった乗り継ぎ2回のルートが出てきました。これでも@5,000マイルです。

乗り継ぎ

15:00関空発〜16:55旭川着〜翌日8:55旭川発〜10:40羽田着〜14:40羽田発〜16:00函館着。旭川に一泊できますが、北海道から東京へ戻ってまた北海道へ向かうという・・。

沖縄経由で函館

最後にこちら。15:30関空発〜17:30那覇着〜翌日7:50那覇発〜10:15羽田着〜17:30羽田発〜18:50函館着。函館へ向かうのに、那覇で一泊というとんでもないルートです。

旅程表

関空〜函館、乗り継ぎ2回、所要時間27時間20分というお茶目なコース。

まとめ

20,000マイル

これだけ乗って片道@5,000マイル×4人=20,000マイルです。飛行機好きにはたまらないですね〜。帰りは BAマイルを利用して、JAL直行便で帰りたいと思います。

 

www.wakuwaku-miler.com

 

スポンサーリンク
 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ