日々是マイルと旨飯

B級グルメ・特典航空券・旅行・仕事など、不定期に発信しています

iPhone7の防水性能/防水カメラとして使ってみた

f:id:umazurahagi:20170424182515j:plain

アップルのiPhone7公式ページには、大きな字で以下のように書かれています。

耐水性能を組み込みました。

iPhone 7はボディ全体を再設計することにより、iPhoneとして初めて耐水性能を備えました。これからは、水がこぼれたり、はねたりしても、ホコリがついても、あなたのiPhoneはこれまで以上に守られます。

そして、小さな字で次のような記載もありました。

iPhone 7とiPhone 7 Plusは防沫性能、耐水性能、防塵性能を備えており、実験室の管理された条件下でのテストにより、IEC規格60529にもとづくIP67等級に適合しています。防沫性能、耐水性能、防塵性能は永続的に維持されるものではなく、通常の使用によって耐性が低下する可能性があります。iPhoneが濡れている場合は充電しないでください。クリーニングと乾燥の方法についてはユーザガイドをご覧ください。液体による損傷は保証の対象になりません。

さて、iPhone7の防水性能はどのくらいなのか?グアムの海で実際に試してみました。

iPhone7の防水性

グアムの海で、iPhone7を防水カメラとして使います。水濡れ故障の場合は修理保証の対象外となりますので、決してマネをしないでください(^ ^)

グアム・イパオビーチ

f:id:umazurahagi:20170502162227j:plain

グアムのイパオビーチでは、浅瀬でシュノーケリングが楽しめます。たくさんの魚がいて、 大変素晴らしい光景です。

写真に収めようと思いましたが、不覚にも日本から防水カメラを持ち忘れてしまいました。そこで、iPhone7の登場!!壊れたら、自己責任であることは承知しています。

水中でのカメラ操作

f:id:umazurahagi:20170502162235j:plain

覚悟を決めて、iPhone7を手にしたまま海中へドボン!目の前を魚が通り過ぎるので、早速シャッターを押します!・・が、押せません・・。水中ではシャッターが反応しないのです。

しかし、考えてみれば泳いでる魚を写真に収めるのは難しそう。ヨシ、それならば、ビデオ撮影に切り替えてみよう。今度はビデオ撮影開始ボタンを押してから、海中へドボン!

スポンサーリンク
 

 

海中をビデオ撮影

f:id:umazurahagi:20170502162242j:plain

今度はうまくいきました。海中の音もきれいに録音されています。

f:id:umazurahagi:20170424182546j:plain

ビデオなら動きの早い魚の撮影も簡単

f:id:umazurahagi:20170502162253j:plain

パンくずを少し与えると群がってきます

f:id:umazurahagi:20170502162301j:plain

人間に慣れているのでしょうか

f:id:umazurahagi:20170502162309j:plain

これらの写真はビデオ動画からキャプチャしました

静止画像の書き出し

参考までに、Macの場合、動画から静止画像を書き出すのは簡単です。『QuickTime』で動画再生し、必要な箇所で一時停止&コピー。次に『プレビュー』を立ち上げて、『クリップボードから新規作成』を選択すれば完成です。

但し、この方法は動きの遅い動画の場合に適しています。魚のように動きが早い対象物の場合、コマ送り機能がほしいところ。

Frame Grab

そこで、ご紹介するのはFrame Grabというアプリ(120円)。簡単な操作でコマ送り機能が使えるので、動き回る動画から決定的な瞬間を静止画像で書き出すことができます。画像フォーマットはJPEG、PNG、TIFFに対応。おすすめです。

Frame Grab

まとめ

f:id:umazurahagi:20170502162318j:plain

このようにiPhone7で海中動画を撮影することができました。大きな代償と引き換えに・・・。

スピーカー不具合発生!!

底部にあるスピーカーが音割れするようになりました。自業自得です・・。絶対に真似しないようにしてください!!iPhone7は生活防水程度、できるだけ水に濡らさないようにしましょうね!!

  

▼証明写真をiPhoneで作成▼

www.wakuwaku-miler.com

▼飛行機はタダで乗る▼

www.wakuwaku-miler.com

スポンサーリンク
 

ブログランキング・にほんブログ村へ