ANAダイナースSFCプレミアムが到着してから行う各種手続きについて

ANAダイナース スーパーフライヤーズ プレミアムカードが届きましたので、必要な各種手続きを行いました。本会員カードのみならず、ビジネス・アカウントカードや家族カードもあるため想像以上にやるべきことが多かったです。

たかがクレジットカード、されどクレジットカード。ここに備忘録として書き留めておきたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

スポンサーリンク

ANAダイナースSFCプレミアム到着

メインのクレジットカードを切り替えた場合、各種変更手続きが必要ですよね。私もこれまでに少なからず経験がありますので、大体のことは把握しているつもりです。

しかしながら、今回はただのクレカ変更ではありません。本会員カードはもちろんのこと、追加カードとしてのビジネス・アカウントカードや家族カード。更に加えて、ANAスーパーフライヤーズ及びダイナースプレミアム特典も付随されますので、少々、骨の折れる作業となりました。

追加カード

ANAダイナースSFCプレミアムの場合、無料或いは低料金で追加カードを設定することができます。家族カードやETCカードは無料。また、法人決済用としてのビジネス・アカウントカードも僅か2,000円(税別)で追加発行することができるのです。

ANA関連の各種手続き

今回は単なるクレジットカード乗り換えではなく、ANAカードの乗り換えでもあります。そこで、先ずはANA関連の各種手続きから取り掛かることにします。

特典利用者登録

元々、家族4人を特典利用者に登録しておりました。そして今回、家族カードにANAお客様番号が割り当てらてたことから変更手続きを行うことになりました。

4人のうち、既にお客様番号を持っていた2人については変更手続き不要。残り2人については今回初めてANAマイレージクラブへ入会することになりましたので、各自に割り当てられたお客様番号を登録しておきます。

家族会員用ラウンジカード

家族会員用のANAラウンジカードを取り寄せるべく電話で依頼したところ、1週間程度で到着しました。

国内空港では提示する機会がなく、海外のラウンジを利用する際に提示させられるケースがあるとのこと。忘れないようにパスポートと一緒に保管しておくことにします。

SFC限定手帳&カレンダー

SFC会員の場合、希望すればANAスーパーフライヤーズカード会員限定手帳&カレンダーを貰えるようです。

2019年版の受付期間は2018年4月1日〜7月31日ということなので、忘れないうちに申し込んでおきました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スマートフォンSKiPサービス

iPhone5sをおサイフケータイ化して使っておりますが、そのサービスの一つにANAのSKiPサービスがあります。手荷物カウンターや保安検査場、搭乗口やANAラウンジでもiPhoneをタッチするだけで通過することができる。

このおサイフケータイジャケット01に紐つけているANAお客様番号を変更します。

現在登録しているお客様番号を一旦削除した後、新しいメインカードのお客様番号を登録します。

SKiPサービスの設定完了。

ANAサブカード解約

お世話になったANA VISA ワイドゴールドカードを解約しました。今後はANAダイナースSFCプレミアムをANAメインカードに据えたいと思います。

ダイナース関連の各種手続き

続いて、ダイナース関連の手続きを行います。ANAダイナースSFCプレミアムにはさまざまな特典があるのですが、先ずは旅行関連の手続きを行いました。

プライオリティパス

プライオリティパスはダイナースクラブ プレミアムカード会員専用ページから申し込みます。その際、会員に割り当てられたインビテーションコードを入力するとプライオリティパスの年会費・利用料共に無料となる。プライオリティ・パス社へ直接申し込んだ場合、無料にはならないので注意が必要です。

インビテーションコード

本会員用のインビテーションコードはダイナースからの封書に同封されておりますが、家族会員用のインビテーションコードがありません。そこで、プレミアム専用デスクへ連絡して電話越しに人数分のインビテーションコードを教えていただきました。

申し込み完了後、3週間程度で送られてくるとのことでしたが、実際には早くも1週間後には香港から到着しました。

プライオリティ・パスは、世界130国1,000カ所以上に展開する世界最大の空港VIPラウンジプログラムです。無料で会員資格を与えられるとは、ありがたい。因みに同伴者が利用するには27米ドル必要です。

一休.com

ダイナースクラブ プレミアムカード会員なら、一休.comの最上級ステージ「ダイヤモンド会員」になることができます。

これまでに一度も利用したことがないのに、会員登録すらしたことがないのにいきなり最上級会員です。

宿泊のみならずレストラン予約などもできるようなので、機会があれば利用してみたいと思います。

プラスEX

プライベート旅行ではもっぱら飛行機ですが、出張の際には新幹線を利用します。よって、JR東海のプラスEXカードは本会員カードではなく、ビジネス・アカウントカードに紐付けて申し込みをしました。

新幹線の利用でもマイルが貯まります。出張には欠かせませんね。

ANA@deskではなく、JALオンライン

ダイナースクラブのビジネス・アカウントカードでは法人向け国内出張手配サポート「JALオンライン」を利用することができます。

おトクな専用運賃「eビジネス6」などさまざまなメリットがあるので、こちらも申し込んでおきました。それにしても、ANAダイナースなのにJALオンラインとはこれ如何に・・。

ビジネスアカウントに紐づけて、ANA@deskが使えるようになったらいいのになぁ〜。

まとめ

その他、各種引き落とし先カードの変更は、個人・法人を合わせると結構な数に上りました。この機会に、不要なクレジットカードの整理をしたいと思います。現在、ダイナースはプロパーとの2枚持ち状態なので全ポイントを回収した後、年会費が発生するまでには一本化するつもりです。

クレジットカード変更に伴う手続きは大変ですが、私にとってこれが最後のクレジットカードだと思うと何てことはありません。さ〜て、マイルをガンガン貯めるぞ〜!!

ANAダイナースプレミアムと SMART ICOCA の最強タッグ!

2018-06-11

スポンサーリンク
スポンサーリンク