ANAアップグレードポイントで、国内線プレミアムクラスへアップグレード

2018年1月からANA-SFC修行を開始して、3ヶ月で解脱。2019年に晴れてANAプラチナ会員となりました。先輩方には更なる高みを目指してダイヤモンド修行をする猛者もたくさん居られますが、私には到底そこまでのパワーはありません。

実際、ANA上級会員になってみたら、良いこと尽くめです。行列に並ばずに優先レーンを使えたり、搭乗間際までラウンジで過ごせたり・・。空港に行く度にANA-SFC修行をやって良かった、とつくづく実感しています。

さて、今回はSFC修行の『副産物』であるANAアップグレードポイントを使って、国内線プレミアムクラスにアップグレードしてみましたので、そのお話です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

スポンサーリンク

ANAアップグレードポイント

 

ANA公式ページによるとアップグレードポイントとは、1月~12月のANAグループ運航便の利用で獲得したプレミアムポイント数に応じて、翌年度のプレミアムメンバーにプレゼントするポイントであり、座席クラスのアップグレードやラウンジの利用などに使用できる、とのこと。

私の場合、2018年にSFC修行したので今年度(4/1~翌3/31)に24ポイントが自動付与されています。その内訳は、修行成果による20pt + SFC資格による4pt=24ptとなっています。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

プレミアムクラスへアップグレード

家族4人で札幌へ日帰りランチに行ってきました。朝8時に関空を出発して、夜10時40分に日帰りで戻ってくるという、陸マイラーにしかできないド変態旅程です。

家族全員揃うことが珍しいので、アップグレードポイントを利用してプレミアムクラスヘアップグレードすることにしました。

エコノミー席からプレミアムクラスへアップグレードするには、片道一人につき4pt消費します。家族4人×4pt=16pt必要です。今回、この16ptをお金で支払うとすれば、56,000円に相当するようです。

往路4人分をプレミアムクラスへアップグレードすることにしました。

ポイント残高8ptになってしまいましたが、元々、忘れていたオマケのようなポイントなので痛くも痒くもありません。

無事に、プレミアムクラスへアップグレード完了です。

続いて座席指定もやってしまいます。

8席中、1席しか先客がありませんので選び放題ですね。

まとめ

陸マイラーの特権で完全無料で飛行機に乗れていますが、もし、お金を出して買えば片道一人64,710円ですよ!

SFC修行では、何度もお世話になったプレミアムクラス。家族からは「どこが修行やねん!極楽やん!!」と、厳しい声が飛んで来たのでありました・・・。

弾丸日帰りで札幌ランチ!まるさん亭・海鮮丼と難陀・海鮮バイキング

2019-12-17

スポンサーリンク
スポンサーリンク