【Mac】確認コードに同じ数字しか入力できない場合の解決方法

マックでアップデート;確認コードに同じ数字が入力される

App Storeにアップデート通知が届いていましたが、2ファクタ認証に引っ掛かってなかなかアップデートできません。

認証のために6桁の確認コードを入力する必要があるのですが、なぜか同じ数字しか打てないのです。123456 と入力したいのに、111111 となってしまう。

同じ現象でお困りの方のために、解決方法を記しておきます。簡単に解決しますよ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

スポンサーリンク

序章;確認コードが届かない場合

macでアップデートできない

少し前から、アップデート通知が届いていました。しかし、アップデートを試みるも確認コードすら分からず、先へ進めない状態でした。

既に6桁の確認コードが分かっている方は、この章をスッ飛ばして「本題;同じ数字が入力される場合の解決方法」へどうぞ!!

2ファクタ認証

マック同じ数字が入力される

MacアップデートではApple IDとパスワードを入力すれば良い。以前は、これだけでアップデートできていたのですが、最近は2ファクタ認証のために一手間増えてしまいました。他のデバイスへ送信された確認コードを入力させる画面が出てくるのです。

2ファクタ認証とは?
Apple ID の認証を二重化することでセキュリティを強化し、万一パスワードが他人に漏れても、本人以外はアカウントにアクセスできないようにする認証方式のことです。

Appleから確認コードが他のデバイス(信頼できるiPhone・iPadなど)へ送られてきます。そして、そのコードを入力する必要があるのですが、私の場合、確認コードすら届いていません・・。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

確認コードをiPhoneへ送信

macで確認コードがわからない場合

そこで、確認コード入力画面の確認コードを受信されませんでしたか?というところをクリックします。

マックで確認コードを受信する方法

すると、自分の電話番号が表示されています。こちらを選択して「続ける」をクリック。

iphone

ほぼ瞬時にiPhoneのメッセージアプリに確認コードが届きます。この6桁の数字をメモしておきましょう。

本題;同じ数字しか入力できない場合の解決法

さて、本題。6桁の確認コードを入力しようとするのですが、ここから先へ進めない・・。

同じ数字

確認コードに同じ数字

先ほどのメッセージアプリ画面を見てください。何度も確認コードを取得していますね。たった一つのアップデートができずに、いつもここで作業が止まってしまうのです・・。

同じ数字が連続して入力される

確認コードを入力しようと試みるのですが、何故か同じ数字が連続して入力されてしまう。345678と入力したつもりが、最初の3が連続して333333と入力されてしまいます。もう、お手上げ状態・・。

実はこの問題、とても簡単な方法で解決しました!

入力ソースを切り替え

macで確認コードに同じ数字が入力される場合

Macの右上に入力ソースの切り替えがあります。この画面の場合、日付の左横です。確認コードを入力する前に、入力ソースを「U.S.」に切り替えましょうここの入力ソースが「ひらがな」になっている場合はうまくいかないようです。

macで確認コードに同じ数字;解決方法

入力ソース「U.S.」。この状態で確認コードを入力します。

マックの確認コードに同じ数字の解決法;英字入力

入力ソースに「U.S.」がない場合は、「英字」を選択すればOKです。

Macの確認コードに同じ数字の解決法;U.S.入力

無事に確認コードを入力することができました。

飛行機は無料で乗ろう!

ポイントサイト『ハピタス』を利用すれば、貯まったポイントをマイルに換えて、無料で飛行機に乗れるようになります。

私の場合、ハピタスを利用して僅か9ヶ月後には年末年始に家族4人でグアム旅行をすることができるようになりました。飛行機代は僅かな手数料を除き無料です。

国内線航空券なら、アッという間に手に入りますよ。飛行機代が無料になるので、マイカーでの近場旅行より安く楽しむことができて、何より家族に喜ばれます。その方法については、こちらをご覧ください。→ 初心者が特典航空券を簡単に手に入れる方法

スポンサーリンク
スポンサーリンク