ANAダイナースSFCプレミアム更新!決め手はビジネスカードなのだ

クレジットカードは『ANAダイナース・スーパーフライヤーズ・プレミアムカード』という、舌を噛みそうなくらいに長ったらしい名前のカードを使っております。

このクレジットカードの年会費は170,500円(税込)という驚くべき高額なのですが、今年もその年会費の更新時期が近付いてまいりました。

このまま使い続けるのか?それとも解約してしまおうか?さ〜て、どうしよう〜!!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

スポンサーリンク

ANAダイナースSFCプレミアムのスペック

さすがに年会費170,500円(税込)のクレジットカードだけあって、旅行・グルメ関係にさまざまな優待特典・サービスが用意されています。

世界的に有名なホテルブランドの上位メンバーシップへの特別優待、上級ステータス入会特典などがありますが私には高嶺の花。高級ホテルなんて、畏れ多くて全く興味がありません。

ホテル関係でありがたいのは、『一休.com』の最上級ステージ・ダイヤモンド会員資格を与えられることくらいでしょうか。まあ、それでもせいぜいビジネスホテルやレストランを格安で利用する程度なのですが・・。

空港内サービス

プライオリティ・パスの無料発行など、空港内サービスも充実しています。国内空港カードラウンジでは同伴者も無料で利用することができる。元々、SFC資格を持っていますのでANAに乗る場合はあまり意味ありませんが・・。

それより、手荷物宅配サービス・コートお預かりサービスの方がありがたいですね。海外旅行の際、スーツケースを無料配送していただけたり(往路・復路各1個)、出国時にコートなどの防寒着を預かって貰える。地味だけど、とてもありがたいサービスです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

家族カードが無料

ANA-SFCを取得しておりますので、家族カードは必須です。SFCは家族カードを発行してこそ値打ちがあるのです。ANAダイナースSFCプレミアムなら家族カードを何枚でも年会費無料で発行することができる。

そして、何より・・・。

宝くじを1年間スマホで買い続けた結果を発表!当選回数と金額は?

2020-06-15

ビジネス・アカウント(経費決済専用カード)

私は小さな会社を経営しています。必要経費の支払いには、クレジットカードを積極的に使いますので毎月マイルが蓄積されております。会社経費の支払額は大きいですからね。

法人用クレジットカードにはいくつか種類がありますが、ANA-SFC持ちの社長・個人事業主に限って言えば持つべきカードはそれらではありません。

追加カードとしての法人カード

ダイナースクラブでは年間2,200円(税込)で追加カードとして、ビジネス・アカウントカード(経費決済専用カード)を発行することできるのです。

僅か2,200円で破壊力抜群の法人用ブラックカードを持つことができるのですからお得ですね。しかも、ビジネス・アカウントカードでの支払いでも100円につき1.5ポイント(=1.5マイル)貯まります。

ETCカード紐付け

ETCカードは個人カード、ビジネス・アカウントカードのどちらに紐づけても発行することができる。それぞれで別々に発行すれば、自家用車と社用車との使い分けができますよ。5枚まで発行可、カード発行手数料は無料です。

お誕生日おめでとう!ANAダイナースプレミアムから2020年のプレゼント

2020-06-19

最後に

結局、ビジネス・アカウントカードが決め手となり、今年も『更新』することになりました。もう、個人的には一般法人カードには戻れません。

但し、ビジネス・アカウントカードは本会員の追加カードとなりますので、1枚しか発行できないのがネックですね。あくまで、社長・個人事業主専用の決済カードとなります。社員用には別に法人カードを用意しましょう。

SFC持ちの社長・個人事業主には、ANAダイナースSFCまたはANAダイナースSFCプレミアムの2択ですよ!

ということで、ANAダイナースSFCプレミアム。さらにまた1年、よろしくお願いします!

 

圧倒的にマイルが貯まる!断然オススメのクレジットカードをご紹介

2020-01-20

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク