札幌・すすきの海鮮居酒屋『海味はちきょう・いくら御殿』へ行ってきた

先日、クラブオフ『一泊500円の宿』を利用して、メルキュールホテル札幌へ宿泊してきました。旅の目的は何もない、勝手気ままなぶらり旅。

食事についてもノープランでしたが、夕食の際に立ち寄った海鮮居酒屋がとても印象深かったのでご紹介したいと思います。

メルキュールホテル札幌に500円で宿泊。最上階へアップグレードあり!?

2022-05-12

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

スポンサーリンク

海味 はちきょう・いくら御殿

一泊500円で宿泊したメルキュールホテル札幌は、すすきの交差点からすぐ近くの場所にありました。周辺には飲食店が乱立する一等地でございます。

夕食に地元の居酒屋を利用するのは、旅の楽しみの一つですね。ホテル周辺を散策しながら、はちきょう・いくら御殿さんを発見。何か唆られる店構えに、つい引き寄せられてお邪魔することにします。

入店するとすぐに2階の座敷席へ案内されました。何も下調べもせずに入ったお店ですが、後から調べたところ観光客にも有名な人気店のようですね。

サッポロクラシックで乾杯!

先ずは、サッポロクラシックで乾杯!いや〜、コイツは相変わらず美味いっ!!札幌の居酒屋に来て、サッポロクラシックを飲まずしてどうする??

いくらと大根おろしの上に、北海道を象った昆布をあしらったお通し。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

お品書き

さて、メニューを見てみましょう。創業以来、『ツッコ飯』という名物料理があるようですね。

テカりで見辛くて、すみません、、。

どれもこれも良心的な価格ですね。

羅臼産 真ホッケの開き、日高産 本ししゃも、、。スーパーで売られているししゃもとは違い、本物のししゃもですよ!

初めて北海道に来た時には、ザンギの意味がわかりませんでした。平たく言えば、唐揚げのことですね。

こちらのインスタ映えする豪華ないくら丼こそが、どうやらつっこ飯の正体のようです。

注文した料理

船凍いか@1,980(税込、以下同様) 生きたまま船の上で凍らせたイカなので鮮度抜群。ぷりぷりの身を濃厚な肝と和えて、しょうが醤油につけて食せば悶絶する旨さ。日本酒が止まりませんよ。

あっ、アルコールはあまり覚えておりませんが、ビール・日本酒・デュワーズハイボールなどを10杯程飲みまくったと思います、、。

カニクリームコロッケ@650 濃厚でトロトロの蟹クリームが口の中いっぱいに広がります。

刺し盛り@1,980 プラス510円でいくら一杯分を追加することができるとのこと。

名物料理『つっこ飯』

さて、お待ちかねのつっこ飯。お店の方に写真を撮って良いかと訊ねたところ、動画でも何でも大歓迎です!とのこと。遠慮なく撮らせていただきました。

『おいさー、おいさー』と威勢良く声を張り上げながら、溢れんばかりに新鮮ないくらが盛られていく。

つっこ飯(中サイズ)@2,690 食べ残しは厳禁ということで、中サイズをいただきました。ちなみに、大@4,980 中@2,690 小@2,290です。

つっこ飯にはサービスで味噌汁がついてくるのですが、プラス200円でホタテ汁に変更してもらいました。これがまた、酔っ払いには抜群においしい。ホタテ稚貝の出汁が五臓六腑に染み渡る旨さです。

あと何点か注文しましたが、いつもの通り写真を撮り忘れたりしてあまり覚えていない、、。

タコザンギ@690

ほたてバター@390

こまい浜風干し@290(1尾) 等々、、

さいごに

何も調べずに入った、はちきょう・いくら御殿。いや〜、おいしかったですよ。いくら好きには堪りませんねぇ〜。いくら御殿の周辺には、はちきょう本店の他、別亭あねご・別亭おふくろ・別亭おやじなどの姉妹店もあるようです。

ああ、呑んで食って大満足。部屋から窓外を見下ろせば、すすきのの夜の街に誘惑されそうになるけれど、今夜はおとなしく我慢して眠るのでありました。

【一泊500円の宿】激安!実際にノボテル沖縄那覇に宿泊してきました

2021-10-17

ワンコインと特典航空券の最強タッグ!ノボテル沖縄那覇一泊二日の旅

2021-10-09

スポンサーリンク
スポンサーリンク