大阪・泉佐野漁協青空市場で新鮮な魚介類の海鮮づくし

泉佐野/青空市場の紹介

大阪・泉佐野漁協青空市場へ行ってきました。高速道路を使えば、梅田から40〜50分程度。都会にいながら、漁港市場の雰囲気が味わえていいところですよ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

スポンサーリンク

泉佐野漁協青空市場

漁協の市場と言えば、朝早いイメージがあります。しかし、ここは午後からがメインなので、お昼過ぎから出掛けても問題ない。いや、むしろ午後からの方が良いのです。

泉佐野漁協青空市場

30店舗近くのお店で賑わっています。青空市場というものの、建物の中なので雨が降っても大丈夫。

関空からもすぐ近く

泉佐野青空市場の場所

日曜朝市で有名な田尻漁協とは関空連絡橋を挟んで反対側にあり、どちらも関空からはクルマで10分程度で到着します。

泉佐野青空市場の紹介

泉佐野漁協青空市場HPより〕

泉佐野漁港と言えば、大阪府下でも一、二を争う漁獲量を誇る泉州の魚処です。 しかも泉佐野漁業協同組合直結の青空市場で、その日に水揚げされた新鮮な魚介をそのまま販売しています。

魚介類の販売の他、レストランやお寿司屋もあり、活きの良い新鮮な魚をその場で味わうことも出来ます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

出漁の確認

出漁の確認

泉佐野漁協青空市場ホームページで出漁状況を確認することができます。無駄足にならないように、出漁の確認をしてから出掛けた方がいいですよ。

午後2時半以降がオススメ

青空市場はお昼以降がオススメ

午後2時頃、出漁した船が漁港へ戻ってきます。競り落とされた魚介類がすぐ各店舗に並べられるので、まさに新鮮そのもの。

新鮮で安い魚介類

青空市場の新鮮な魚

とにかく新鮮で安い!しかも、早朝から出発する必要はないので、その日の気分でブラリと立ち寄ることができます。刺身でも食べられる新鮮なイワシは12尾で500円でした!!

大アサリ

大あさりは3つで1,000円。両側にぎっしりと身が詰まっていました。

サザエ

サザエは1,000円。

ハマグリ

三重県産ハマグリ。こちらも1,000円です。シンプルにホイル焼きで食べました。味付けは何も要りません。

舌平目

舌平目は2盛りで500円。唐揚げにしました。

生わかめ

生わかめは袋に満タン。ギュウギュウに詰め込まれて200円です。

まとめ

新鮮な魚介類

他に、ちりめんじゃこ、エイヒレなどを買いました。入口から一番奥にある花屋さんもオススメ!激安ですよ。

夕方には叩き売り

泉佐野漁協青空市場の刺身

夕方には叩き売りされますので、更にお得になります。15〜16時頃が狙い目でしょうか。こちらのシマアジは1,500円、中トロは1,300円で売られていたものですが、2つで1,000円にしていただけました。

あまり遅い時間に行くと、売り尽くされて品数がありませんので気をつけてくださいね。

ーーーーーーーーーーー
泉佐野漁協青空市場
泉佐野市新町2-5187-101
営業時間;10:00-18:00
定休日;毎週水曜日
ーーーーーーーーーーー

オススメ情報!

ポイントサイト『ハピタス』を利用すれば、貯まったポイントをマイルに換えて、無料で飛行機に乗れるようになります。

私の場合、ハピタスを利用して僅か9ヶ月後には年末年始に家族4人でグアム旅行をすることができるようになりました。飛行機代は僅かな手数料を除き無料です。

国内線旅行なら、アッという間に実現しますよ。飛行機代が無料になるので、マイカーでの近場旅行より安く楽しむことができて、何より家族に喜ばれます。その方法については、こちらをご覧ください。→ 初心者が特典航空券を簡単に手に入れる方法

田尻漁港の日曜朝市は楽しい!新鮮な魚介とB級グルメ食べ歩き

2016.07.08

スポンサーリンク
スポンサーリンク