苫小牧漁港にあるマルトマ食堂で豪快な海鮮丼を食べてきました

f:id:umazurahagi:20180120232334j:plain

冬の北海道・苫小牧へ弾丸日帰り旅行へ行って来ました。苫小牧の漁師さんご用達の店・マルトマ食堂で、ランチに豪快な海鮮丼を堪能してきましたのでご紹介させていただきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

スポンサーリンク

北海道・苫小牧へ

f:id:umazurahagi:20180120232602j:plain

今回、初めて訪れた神戸空港は想像以上に小さな空港でした。受付カウンターは拍子抜けするほど、ガラガラです。

f:id:umazurahagi:20180120232644j:plain

ところが、保安検査場には長蛇の列。どうやら修学旅行の団体がいくつかあったようですね。みんな楽しそうでした!!

f:id:umazurahagi:20180120232734p:plain

搭乗口の目の前にあるカードラウンジで、暫し休憩。ドリンクの機械は、コップに多めの氷を入れないと作動しないようになっているようです。ナンテコッタ!知らずに手こずりました・・。

f:id:umazurahagi:20180120232853j:plain

プレミアムGOZENは朝食の割にボリュームたっぷり。さすが、神戸の老舗弁当「淡路屋」です。

f:id:umazurahagi:20180120232941j:plain

あっという間に、新千歳空港へ到着しました。快晴でしたが、一面の銀世界。

苫小牧港を目指す

f:id:umazurahagi:20180120233106j:plain

JR新千歳駅から苫小牧駅を目指します。途中、南千歳駅で乗り換えて苫小牧へ。

f:id:umazurahagi:20180120233144j:plain

新千歳駅から約40分、苫小牧駅に到着しました。

f:id:umazurahagi:20180120233229j:plain

苫小牧駅のロッカーに空のスーツケースを預けます。男一人旅なのでスーツケースは不要なのですが、お土産持ち帰り用なのです。

f:id:umazurahagi:20180120233436j:plain

それにしても、このロッカーは最先端なのでありました。コインも鍵も必要ない。SuicaやIcocaなどのICカードで施錠・解除、そして支払いまで完了してしまうという優れものです。もちろん、普通のコインロッカーもありましたよ。

f:id:umazurahagi:20180120233629j:plain

さて、身軽になったところで、南出口を出て苫小牧港へ向かいます。

f:id:umazurahagi:20180120233701j:plain

今日はいい天気なので、寒くない。雪景色を楽しみながら、のんびりと歩くことにしました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

マルトマ食堂

f:id:umazurahagi:20180120233757j:plain

雪の歩道を30分近く歩いて、ようやく苫小牧港へ到着。本日はここにあるマルトマ食堂を訪れるのが目的です。

f:id:umazurahagi:20180120233943j:plain

いかにも港の食堂らしい、簡素な入口が良い感じ。

f:id:umazurahagi:20180120234055j:plain

扉の前にはおすすめメニューが掲示されています。テンション上がりますね〜!

f:id:umazurahagi:20180120234201j:plain

平日の昼前なので、待つことなく案内されました。店内には、所狭しと有名人のサイン色紙がぎっしり。

f:id:umazurahagi:20180120234244j:plain

メニューにはホッキ料理がたくさんあります。殆どの常連さんは、ホッキカレーを注文していました。1番人気ということで、きっと旨いんでしょうね〜!

海鮮!マルトマ丼

f:id:umazurahagi:20180120234459j:plain

観光客丸出しの私は、迷うことなく名物「マルトマ丼」を注文しました。どうですか、このド迫力!味噌汁、漬物がついて1,300円とは驚きです。

f:id:umazurahagi:20180120232334j:plain

生ウニ、イクラ、活ホッキ、サーモン、真アジ、真ダコ、甘エビ、活アワビ、マグロ。当然ながら、新鮮でメチャメチャ旨い!コスパ抜群の絶品海鮮丼でした!

まとめ

f:id:umazurahagi:20180121155850j:plain

旨い昼食に満足した後、マルトマ食堂から歩いてすぐ近くにある海の駅「ぶらっとみなと市場」を訪れました。

f:id:umazurahagi:20180121160020j:plain

お土産屋さんや飲食店がたくさん。家族が一緒であれば楽しいのでしょうが、今回は男一人旅なので・・。雰囲気だけ楽しんで、苫小牧を後にすることにしました。苫小牧・マルトマ丼、機会があれば是非一度、試してみてくださいね!

最後に、今回の苫小牧旅行の飛行機代はいくらだと思いますか?正解は『0円』、ナント無料なのです。みなさんは飛行機には無料で乗れる方法があることをご存知でしょうか?ポイントサイトを利用すれば、貯まったポイントをマイルに換えて、無料で飛行機に乗れるようになるのです。

今回の神戸空港〜新千歳空港の往復航空券なら、アッという間に手に入りますよ。その方法については、こちらをご覧ください。→ 初心者が特典航空券を簡単に手に入れる方法

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク