波止から飲ませ(泳がせ)釣り!青物狙いのはずがチヌを釣ったどぉ〜!

2020年2月某日、またまた和歌山マリーナシティ 大波止へ飲ませ(泳がせ)釣りに行って来ました。大波止への立ち入り禁止が解除されて以来、早くも3回目の釣行です。

前回は青物(おそらくメジロ!?)を掛けたものの、6号ハリスを切られるという悔しい思いをしております。今度こそ、必ず青物を釣ってリベンジしてみたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

スポンサーリンク

青物(メジロ!?)をバラす

前回の釣行では、青物をバラしております。場所は和歌山・マリーナシティ大波止の南側外向き。

ぎゅうぃ〜んと曲がる竿、物凄いパワーに心臓はバクバク。リールからは道糸がドンドン出ていきます。このまま走られるとお隣さんに迷惑をかけてしまうと思い、少しドラグを強めてやりとりするもハリス切れ。

あぁ、逃がした魚はデカかった・・。夢よもう一度。あの感触を味わいたい!

前回の仕掛け

竿磯竿3号、5.3m
リール3500番
道糸6号
ウキ6号
オモリ3号
ハリス6号
真鯛王10号
タナ2.5ヒロ
アジ

竿・リール以外は、がまかつの市販セット「遠投泳がせのませパーフェクト」を使用しました。

青物リベンジだ!

前回と同じ仕掛け、同じ場所で飲ませ(泳がせ)釣りに挑みます。唯一違うのは、ハリス・針の号数かな。今回は10号ハリスに伊勢尼13号の市販セットを使うことにしました(孫鈎;閃刀チヌヘビー5号)。太仕掛けによるボウズでも構わない、もう、絶対にバラすものか!

何度かウキに反応があるものの、アジが齧られて戻ってきます。イカがいるのだろうか?

あらためて付近を見渡せば、あちらこちらに墨跡がたくさん。どうやら、イカがいるに違いない。

今回もキビナゴ餌のブッコミ仕掛けを投入しておりましたが、こちらにもアタリがありました。

けたたましく鈴が鳴るので、期待しながら抜き上げるとガシラちゃん・・・。

飲ませウキが沈んだ!

それから長い沈黙が続きます。今日は不発か、と諦めかけたころウキが沈んだ!

今度は沈んだまま、上がってこない。おおっ、コレは間違いないな!と確信するもののリールから道糸が出ていかない。

アレッ?何だこれは?そう思えば、ウキの沈み方がマッタリであったような。そんなことを思いながら、糸フケを取って軽く竿を上げると、テンションが掛かった〜!!

鈍い引き・・、青物不確定かと思いきや、上がってきたのはチヌくんなのでありました。

まとめ

青物を狙って、外道にチヌが釣れました。チヌといえば、フカセなどの軽い仕掛けで狙うものだと思い込んでおりましたが、飲ませ釣りでも釣れるんですねー。メジロくん、次回こそ待ってろよ〜!!

 

刺身が劇的に旨くなるピチットシートで「鯛の生ハム」を作る

2017-10-12

マリーナシティ大波止;夜釣りでタチウオ、朝マズメに青物

2017-06-13

三重県・伊勢志摩で筏釣り!屋根付きイカダで牡蠣とカレイ

2017-02-16

スポンサーリンク
スポンサーリンク