安いステーキ肉を劇的においしく変身させる秘密の調理方法

魔法の調理シート、その名もピチットシートをご存知でしょうか?釣り好きには意外と知られているこのピチットシートを使えば、刺身が劇的に美味しくなるのです。

さて、今回はピチットシートを使って、スーパーマーケットで買った安いステーキ肉を高級ステーキに変身させたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

スポンサーリンク

秘訣はピチットシート

ピチットシートは肉・魚の生臭み成分を除いて、旨味を凝縮させる不思議な調理シートです。目に見えない穴が開いた2枚の半透膜フィルムと、その間にはさまれた高い浸透圧を持つ水あめ成分、そして吸収した水分を保持する海草成分(糊料)の働きによる”浸透圧パワー”。

この”浸透圧”が、魚介類や肉類に含まれる余分な水分や生臭み成分を取り除き、分子が大きい旨み成分のみを素材の中に閉じ込め、旨味を凝縮させるのです。

但し、このピチットシートは一般店舗や大型スーパーでは手に入りません。アウトドア専門店・釣具屋では同様の脱水シートが売られているものの値段が高い!一番のオススメは業務用のレギュラーシート。何といってもコスパ抜群です。

ピチットシートを使えば、安い刺身が釣りたてピチピチの新鮮な刺身に様変わり。特に、鯛やヒラメなどの白身魚は最高にウマ過ぎて腰を抜かします。

ピチットシートに包んで冷蔵庫で3時間程寝かせれば、臭みのない弾力あるプリプリ刺身を味わうことができる。感動しますよ!是非、一度試してみてください!!

ちなみに、3時間ではなく『3日間』寝かせると魚の生ハムが出来上がります。もちろん、こちらも抜群に旨いのです。

刺身が劇的に旨くなるピチットシートで「鯛の生ハム」を作る

2017-10-12

安いステーキ肉

最近は仕事が忙しくて、粗食ばかり。たまにはガッツリ肉を食べたい。ということで、出勤前に地元スーパーで安いステーキ肉を大人買いしてきました。

ピチットシートに肉を乗せる

両面に満遍なくクレイジーソルトをまぶします。

ピチットシートでピチッと包んで、冷蔵庫で寝かすだけ。ここまでやっておいて、出勤しました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

旨味成分を凝縮

早めに仕事を切り上げて帰宅。約10時間ほど寝かせた肉を冷蔵庫から取り出しました。仕事よりもステーキ優先、私はいったい何をしているのでしょうか!?激しい食欲が恥ずかしい〜!!

随分と赤みが増していますね。ピチットシートは余分な水分と臭み成分を吸って、すっかりブヨブヨです。

剥がしてみると、水分たっぷり。

いい感じに引き締まっております。

まとめ

では早速、焼いていきましょう。

おおっ、メチャメチャ旨そうではないか!

高級ステーキに変身

8枚のステーキ肉のうち、試しに3枚だけピチットシートで包みましたが、結果、大成功です。普通に焼いた肉とは明らかに味、食感が違う。安いスーパーのお肉とは思えないほどの深い旨みが味わえます。

いや〜、ピチットシートで刺身はもちろん、ステーキも超おススメですよ!

ステーキといえば、グアムで食べた美味しいステーキが忘れられない・・。ところで、みなさんは飛行機には無料で乗れるということを知っていますか?私はグアムにはいつも飛行機無料で行っています。

国内線航空券なら、アッという間に手に入りますよ。函館で海鮮丼、石垣島にはステーキを食べる目的だけで向かいます。最近は日帰り旅も多くなりました。その方法については、こちらをご覧ください。→ 初心者が特典航空券を簡単に手に入れる方法

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク