和歌山・喫茶オリノでボリューム満点のジャンボエビフライを食べてきた

先日、仕事で久しぶりに和歌山を訪れました。南海和歌山市駅のすぐ近くで打ち合わせのはずでしたが、先方の都合で急遽、お昼の時間帯にポッカリ3時間程の空きが出来てしまいました。

さて、どうしようか?マイカー&釣り道具があれば、すぐそこは海なのですが、今回はあいにく電車で来ています。

ヨシ、せっかくの和歌山、美味いランチでも食べに行ってみようではないか!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

スポンサーリンク

デカいエビフライのお店

和歌山市駅周辺といえば、以前から一度行ってみたいと思っていたエビフライで有名なお店があります。

喫茶店でありながら、特大のジャンボエビフライを食べられるお店としてその名を轟かせている喫茶オリノ。この機会に、そこでランチを食べることにしよう!!

和歌山市駅からバス

南海和歌山市駅前のバス広場。3番乗り場から新和歌浦行きに乗車しました。

発車から15分程度で「大浦口」バス停に到着。ここから30秒ほど引き返した場所に今回目指すお店・喫茶オリノがあります。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

喫茶オリノ

バス停からオリノの看板が見えています。道沿いにあるのでわかりやすい。

どちらかと言えば、おとなしめの店構え。一見、営業中なのかどうかわかりませんでした。

入口脇のガラスケースに並ぶサンプルに期待が高まります。おおっ、ココは美味いに決まっている。

テーブル席はもちろん、カウンター席もありますのでおひとりさまでも大丈夫。14時過ぎの中途半端な時間での入店となった為なのか、お客が一人もいませんでした。

意外に広い店内には、テーブル席がいくつもありました。

まだサービスランチに間に合う時間でしたが、せっかくなので特大エビが2尾付くという王道「特製エビフライセット」(1,580円)を注文することにしました。

特々大エビ1尾がセットになったエビステーキセット(2,000円)も気になりましたが、私のランチには贅沢過ぎる・・(いずれも税込)。

待っている間に手元のメニューを眺めます。

庶民的でいい感じのメニューですね。近くの常連さんがうらやましいです。

特製エビフライセット

特大エビ2尾、ライス、サラダ、味噌汁、一品付き。他にお客がいなかったからなのか、いつもそうなのかわかりませんが、あまり待つこともなく料理が運ばれてきました。

この日の一品は高野豆腐でした。それにしても、このエビのデカいこと!割り箸と比較してみてください。エビの大きさに隠れていますが、他にマカロニサラダも付いていてボリューム満点です。

揚げたてアツアツのエビフライをタルタルソースに絡めれば、最高に美味い!頭を取れば身がギッシリと詰まっています。特大エビフライでこの大きさなら、特々大エビフライとはいったいどれほどなのか!?やはり、次回頼んでみよう〜。

喫茶オリノの駐車場

さて、今回は和歌山市駅からバスで伺いましたが、マイカーの方が便利だと思うので駐車場について触れておきます。店前には3台程度の駐車スペースがありました。

お昼時には混雑するでしょうね。しかし、ここ以外にもすぐ近くに駐車スペースが確保されているのです。

喫茶オリノの隣にある、別の会社を挟んで専用駐車場が用意されています。

こちらは専用駐車場前から見た風景。間に一軒の会社を挟んだその向こうが喫茶オリノです。別会社の駐車場に停めないようにしましょうね。

広い駐車スペースですね。たくさん看板が出ているので間違えることはないでしょう。

まとめ

ボリューム満点のランチを食べ終えた後、再び、バスで和歌山市駅へ戻ります。ところが、大浦口バス停で時刻表を確認して唖然・・・。

ナ、ナ、ナント!1時間に1本しか運行していない!!まだ、30分以上待たないといけないではないか!こんなことなら喫茶オリノで食後のコーヒー(200円)を楽しんでおくべきでありました・・。トホホ・・。

和歌山のB級グルメ・カレーヤ「ガツめしバラホル」は旨いぞ〜!

2016-10-20

スポンサーリンク
スポンサーリンク