お家キャンプにオススメ!ダッチオーブンで作るスペアリブのビール煮

年の瀬も迫り、肌寒い季節がやってきました。暇な休日にはベランダでアウトドア料理を楽しんでいるのですが、そろそろ寒風吹きすさぶ屋外は寒過ぎる、、。

ということで、今回は軟弱にも「おうちキャンプ料理」を楽しみたいと思います。寒い季節でもダッチオーブンがあれば、お家の中で手軽にキャンプ料理を味わうことができますよ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

スポンサーリンク

スペアリブのビール煮を作ろう

スペアリブのビール煮はダッチオーブン料理の中でも、最も簡単な類ではないでしょうか。国内産スペアリブを地元のスーパーマーケットで約2kg購入しました(@98)。

■■ スペアリブのビール煮/材料 ■■

・スペアリブ(2kg)
・ビール(350ml)
・にんにく(2片)
・しょうが(スライス5枚)
・りんご(1個)
・ローリエ(2枚) ※無ければ不要
・いちごジャム(大さじ3)
・しょうゆ(大さじ2)
・酒(大さじ2)
・みりん(大さじ2)
・クレイジーソルト(適量)

魔法のシートで旨味凝縮

アウトドア料理最強の味方、ピチットシートとクレイジーソルト。肉料理でも魚料理でも、これさえあれば抜群に美味くなる。

クレイジーソルトを満遍なく振りかけます。表裏、たっぷりと多めに。

ピチットシートにスペアリブを並べます。2kgもあるので半分ずつに分けました。

さらに上からピチットシートを被せて、ピチッと密着させるように包み込みます。

ピチットシートは肉・魚の「生臭み成分」を除いて、「旨味」だけを凝縮させる魔法の調理シートです。

目に見えない小さな穴が開いた2枚の半透膜フィルムと、その間にはさまれた高い浸透圧を持つ水あめ成分、そして吸収した水分を保持する海草成分の働きによる”浸透圧パワー”。

この”浸透圧”が魚介類や肉類に含まれる余分な水分や生臭み成分を取り除き、分子の大きな旨み成分だけを素材の中に封じ込め、旨味を凝縮させるのです。

ピチットシートに包んだスペアリブを冷蔵庫で寝かせました。

約5時間後、生臭み成分でブヨブヨになったピチットシートを剥がします。

ピチットシートを使えば肉類はもちろん、特に魚の刺身は抜群!腰が抜けるほど旨くなる。鯛やヒラメの刺身の冊を買って、一度試してみてください。プリップリの釣れたばかりの弾力たっぷり最高級刺身に生まれ変わりますよ!

おうちでダッチオーブン

これは私が10年以上愛用しているCAPTAIN STAGの安いダッチオーブンです。廉価版ながら使い勝手が良くて大変気に入っています。アウトドアはもちろん、屋内でも大活躍!

表面を焼く

ダッチオーブンを弱火で熱し、オリーブオイルと刻みニンニクを入れる。

ニンニクの良い香りがしてきたら、スペアリブを投入。表面に焼き色が付くまで中火にして加熱します。

後ほど煮込みますので、表面だけ焼ければ大丈夫ですよ。

量が多いので、3回に分けて焼き上げました。

ビールで煮込む

全部焼けたらダッチオーブンへ戻し、皮を剥いてカットしたりんごを加えます。

そして、ビールを流し入れる。あぁ、酒好きにはつらくて勿体無く感じてしまうこの作業、、。肉の量に対して少な過ぎるように感じますが、1缶(350ml)だけで大丈夫です。

決して、自分が飲みたいからケチっている訳ではございませんよ!ビールの代わりに発泡酒やコカコーラ、ジンジャエールでもOKです。

その他の材料を全て投入。

・しょうが(スライス5枚)
・ローリエ(2枚)  ※無ければ不要
・いちごジャム(大さじ3)
・しょうゆ(大さじ2)
・酒(大さじ2)
・みりん(大さじ2)

蓋をして弱火で煮込んでいきます。

30分経過。

未だ未だですね。再び蓋をして煮込みます。

さらに30分経過。りんごがほとんど溶けて無くなり、煮汁が増えてきました。この時点でローリエを取り除き、蓋を外して煮詰めていきます。

さらに30分後。煮汁の量が減ってメチャメチャ美味そうなスペアリブの完成でございます。どうですか?拍子抜けするほど、簡単でしょ!?

まとめ

クレイジーソルトで味付けして、ピチットシートで旨味成分だけを凝縮させたスペアリブ by アサヒビールver.

もう〜、絶対に美味い!ダッチオーブンを使えば、いつでも手軽にお家キャンプ料理を楽しめますよ。

反省点はいつも作り過ぎるところ、、。最初はすべての材料を半分にして、スペアリブ1kgで作ってみてくださいね。美味しいですよ〜!!

 

ガスコンロでダッチオーブン;コストコの肩ロースで簡単ローストビーフ

2017-11-07

刺身が劇的に旨くなるピチットシートで「鯛の生ハム」を作る

2017-10-12

スポンサーリンク
スポンサーリンク