宝くじ《BIG》をスマホで初購入!運で勝負、サッカー知識は不要なのだ

長い間、宝くじを買い続けております。しかしながら、ずぅ〜と不発の連続で一度も高額当選の経験がありません。もう、いい加減にヤメようかなぁ〜、いやいや、それでも宝くじは買わないと当たらないよなぁ〜。

そんなことを心の中で思いながら、最近ではスマホで簡単に宝くじを買えるようになりましたので、あきらめるどころか反対に益々ハマっておる次第でございます。

サッカーに全く興味がないので『スポーツくじ』は完全にスルー、ここ数年は『ロト6』をメインにチャレンジしております。ところが、どうやら『スポーツくじ』はサッカーの知識がなくても楽しめるのだそう。

ヘぇ〜、それは知らなかったわ!!ということで、今回初めて『スポーツくじ《BIG》』なるものを購入してみることにしました。あぁ神様、今度こそ当たりますように〜!!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

スポンサーリンク

スマホアプリで宝くじ

約4年前からスマホで、コツコツと少額ながら宝くじを買い続けています。スマホアプリで購入できる宝くじの種類は『BIG』『toto』『ロト』『ナンバーズ』があるのですが、私の場合は専ら『ロト6』ばかり。

『ロト6』を選択する理由が特別にあるわけではなく、ただ単に惰性で買っているのです。たまには浮気して『ナンバーズ』でも買ってみようかしら。でも、ちょっとその前に・・。

スポーツくじ《BIG・toto》とは?

スポーツくじ=サッカーくじ、ということで『サッカーに疎い私には、馴染みのない宝くじ』でありました。まぁ食わず嫌いですね。しかし、この際、折角なのでスポーツくじ《BIG・toto》の内容を確認してみたいと思います。

サッカー知識不要の BIG

BIG
サッカーを知らなくても気軽にサッカーくじを楽しめる。それが「BIG」。勝敗予想はコンピューターにおまかせ。あなたは購入口数を指定するだけ。

えっ、マジですか!!試合結果をコンピューターが自動予想する、ってことはサッカーの知識関係ないやん!!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

サッカー好きには toto

toto
サッカーをさらに楽しむためのくじ、それが「toto」。選手情報や過去の対戦成績から試合の行方を予想します。好きなチームの勝敗以外での楽しみがアップ。

あっ、《toto》の方は試合結果を自分で予想するのですね。スポーツくじと言えば、正にこちらのタイプしかイメージにありませんでしたよ。

《BIG》運だけで勝負するのだ

早速、アプリから『BIG』を買ってみようとしましたら、スポーツくじを初めて購入する際には改めて会員登録をする必要があるようです。

キャンペーン実施中!

会員登録といっても、あらかじめジャパンネット銀行へ登録している自分の登録情報に間違い・変更がないかをチェックして、確認事項に同意するだけのことです。

ラッキーなことに、ただいまキャンペーン実施中!!新規会員登録でもれなく現金200円プレゼント(2020年6月19日〜7月19日)。

サクッと、会員登録完了。現金200円プレゼントは8月下旬にジャパンネット銀行の普通預金口座に振り込まれるとのこと。いや〜、マジでうれしいですわ〜。

《BIG》の種類

BIGって、1種類かと思いきや5種類もあるそうです。う〜ん、このっ!どれを選んだら良いのか、迷うではないか!!

《ビッグ》・・指定試合の結果をコンピューターが自動選択。キャリーオーバー1円以上の発生で最高6億円とは魅力的です。でも1枚300円では、私にはちょっと敷居が高いような・・。

《メガビッグ》・・指定試合の両チームの合計得点をコンピューターが自動選択。1枚300円。キャリーオーバー1円以上の発生で、ナント最高12億円って!!でも、1等の当選確率が約1/1,677万とは、もう、全然当たる気がしませんよ!!

《100円ビッグ》・・1枚100円。キャリーオーバー1円以上の発生で最高2億円。単価、当選金額など全体的に『ビッグ』の1/3に設定されています。うん、コレいいかも。

《ビッグ1000》・・1枚200円。1等の当選金額が約1,000万とやや低額ながら、当選確率が1/177,147と高いのが魅力ですね。次点候補かな。

《ミニビッグ》・・1枚200円。当選確率は1/19,683と最も高いけれど、1等の当選金額が約100万円ではあまり夢が広がらない・・。

《BIG》を初購入

再度、スマホアプリを起動します。

《BIG》タグから『購入する』をタップ。

『BIG購入』を選択。因みに『BIG予約購入』は「ビッグ」「メガビッグ」「100円ビッグ」「ビッグ1000」「ミニビッグ」を事前に予約できるサービスです。一度設定しておけば自動で予約できて、買い忘れの心配がありません。

さて、どのパターンのビッグを購入しようか。

今回は試しに『100円ビッグ』を1口100円、『ビッグ1000』を1口200円=合計300円を購入することにします。

呆気なく、初めての《ビッグ》購入完了。わざわざ宝くじ売り場へ行かなくても、いつでもどこでも好きな時にスマホで買えるというのは本当に便利ですね。

宝くじを1年間スマホで買い続けた結果を発表!当選回数と金額は?

2020-06-15

最後に

コンピューターが自動選択したという投票内容は「当せん照会・購入履歴」から確認できるようです。先ずは『100円ビッグ』の照会番号をクリックしてみます。

ふむふむ、試合開催日は7/4なのね。私の場合、そんなことすら知らずに購入しましたよ。

こちらは『ビッグ1000』。当選金額が少ない分、指定試合数が若干少ないですね。さてさて、ビギナーズラックに期待を込めて当たりますように〜!!

 

宝くじを1年間スマホで買い続けた結果を発表!当選回数と金額は?

2020-06-15

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク