ベランダでスモーク料理!スモークハウス燻家で作る燻製3品

我が家では、アウトドア料理といえば炭火焼きBBQまたはダッチオーブン料理が定番です。ビール片手に肉・魚・野菜など、炭で焼いて食べれば抜群に旨い。

今回は少し趣向を変えて、燻製作り。スモークハウス燻家という、ダンボール製のスモークキッドを使って美味いおつまみを作ります。

キャンプ場、自宅ベランダでダンボールを使った簡単スモーク料理にチャレンジしてみましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

スポンサーリンク

スモークハウス燻家

スモークハウス燻家購入

今回はスモークハウス燻家という、ダンボールでできた安い燻製キットを使います。スモーク作りに必要なものが最初から全て揃っているので、初心者にはオススメですよ。

スモークハウス燻家の内容

ダンボール本体の他、金網・スモークウッドなど必要なものが全て用意されています。

組み立て

スモークハウス燻家の組立図

本体には組み立て方法がわかりやすく書かれてありますので、この通りに組み立てていきました。

燻製ダンボール組み立て、裏面

底面。突起部分を、切り目へ差し込みます。

燻製ダンボール組み立て、裏面その2

4箇所、全て差し込んだら裏返す。

燻製ダンボール組み立て、底面

この4つの突起を内側へ折り込みます。

燻製ダンボール組み立て、底面その2

こんな感じ。これで底面は完了。

スモークハウス燻家、付属棒

次に、付属の金棒2本を差し込みます。

スモークハウス燻家、金網

そこへ金網を設置。

スモークハウス燻家組み立て完成写真

蓋を閉じれば完成です。

食材の準備

スモークハウス燻家、スモークの作り方

作り方がダンボール箱の側面に書かれてあります。初心者の方は、食材を買うだけで直ぐに燻製作りをスタートすることができますね。

タコとホタテ

しかし、折角なのでスーパーマーケットでゆでダコと蒸しホタテを買ってきました。

タコは軽く水洗いしてからキッチンペーパーで水分を拭います。そして、ピチットシートの上に置いて、クレイジーソルトを満遍なく振りかける。

ピチットシートにタコをピチッと密着させるように包めばOKです。ミニサイズのピチットシートなら2枚必要なところ、レギュラーサイズなので1枚で大丈夫。経済的ですね。

ホタテはキッチンペーパーで軽く水気を拭います。そして、ピチットシートの上に並べる。2パック分なので、量が多くなってしまいました。

こちらもクレイジーソルトを振りかけます。

上からもう一枚ピチットシートを被せて包みます。

タコ、ホタテの脱水作業開始。このまま冷蔵庫へ数時間から1日放置すると、生臭み成分が抜けて格段においしくなりますよ。

男のアウトドア料理に欠かせないクレイジーソルト。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

脱水完了

さて、5時間後。生臭み成分をたっぷり吸ったピチットシートはブヨブヨ状態になっています。

いい感じに脱水されていますね。

浸透圧で余分な水分や生臭み成分が取り除かれています。

刺身ならこのまま食べれば絶品です。特に鯛・ヒラメの刺身は腰が抜けるほど旨くなる。一方、スモーク作りの場合は、さらに1時間ほど軽く表面を乾かせば下準備OKとなります。

ダンボールでスモーク

ダンボールで燻製作り

さて、ここからは外での作業となります。自宅の屋上へ移動しました。

欲張って6ピースチーズも用意したら、量がハンパねぇことに・・。金網に乗り切らないではないか!

ダンボールの側面に食材をフックに吊るす方法が書かれてあります。よし、タコは吊るすことにしよう。

下段用の穴に付属の金棒を挿して、これまた付属のフックを使ってタコを吊るします。安いダンボール製キットの割に、本当に良くできています。

金棒の上に金網を乗せる。

おおっ、何とか全て乗せることができました。

スモークウッドの取り出し窓にタコが見えています。いい感じですね。

スモークウッド

スモークウッド

1回分のスモークウッドが付属しています。

スモークウッドを入れる

スモークウッドは付属のアルミ皿に置いて、このように下部の取り出し窓から入れるようになっています。

スモークウッドの先端をガスコンロで燃やして火を付けます。そして、上からピートスモークパウダーを振りかける。

ピートスモークパウダーはなくても構いませんが、色と風味をアップしてくれるのでオススメです。途中で消えないように、金網の上に乗せました。

蓋をして、このまま2時間ほど放置プレイ。

スモーク用温度計

スモーク用温度計

スモーカー用温度計。数百円で買えますので、内部温度を確認するためにもあったほうが良いと思います。

スモーク用温度計で温度を測る

ダンボール箱の側面の穴に突き刺して、内部温度を測ります。

温度の変化

気温が高いので、開始早々すぐに40度に達しました。

30分ほどで50度に到達。

さらに30分後には60度になりました。

開始から2時間経過。まだ煙が出ていますが、もう充分です。これにて終了。

スモーク完了

旨そう〜!今すぐにかぶりつきたいのを我慢します。

粗熱が取れるまで、しばらく放置。このままでも充分においしいのですが、もう少し冷蔵庫で寝かせて味を落ち着かせることにしました。

まとめ

冷蔵庫に寝かせること数時間。贅沢なおつまみの完成です。

スーパーで買った安いベビーホタテが最高に旨い!

タコもヤバいですね。ピチットシートに包んだ状態でキャンプ場へ持っていけば、現地で最高のおつまみが作れますね。

煙はダンボールから少ししか漏れ出ないので、自宅のベランダでも気楽にチャレンジできますよ。ダンボールキットは雨に濡れない限り、何度でも使い回しが可能です。是非、一度試してみてください。

ダッチオーブンを使ってケンタッキーフライドチキン風を自分で作る方法

2019-01-01

安いステーキ肉を劇的においしく変身させる秘密の調理方法

2018-10-30

超簡単ローストポーク!ダッチオーブンで男のアウトドア料理

2018-04-30

刺身が劇的に旨くなるピチットシートで「鯛の生ハム」を作る

2017-10-12

スポンサーリンク
スポンサーリンク